歯のホワイトニング?その前に、知っておくべき幾つかのこと

歯のホワイトニング?その前に、知っておくべき幾つかのこと
毎日、しっかり歯磨きしているから、「歯磨きには自信がある!」という方も多いことでしょう。なのに、「何だか、歯が黄ばんできちゃった…」

こんなことってありませんか?

確かに歯のホワイトニングは大切ですが、歯が着色してしまう、汚れやすいという原因や理由を知って、日頃から地道な対策をとっておくということもとても大切なんですよ!

このことをおろそかにしてしまうと、せっかくのホワイトニングの効果も半減してしまうんです。

ここでは、歯が着色してしまう原因とその対策をご紹介します。

しっかりと押さえて、キレイな歯、キレイな口内環境作りを目指していきましょう。

そもそも着色って何?

毎日の飲食は欠かせませんが、口の中を通過していく飲食物には、たくさんの色が付いています。コーヒー、紅茶、カレーライス、赤ワイン…。タバコもそうですね、ヤニです。

このように、飲食物等の色が歯に付着してしまうのが、着色

でも、この着色って、口の中の環境によって、着色しやすい場合とそうでない場合があるのをご存知でしたか?

例えば、口の中が乾いている状態だと色や汚れが付きやすくなります。

 

外因性の原因

上で説明したように、飲食物が歯の表面に付着して着色してしまったり汚れたりするのは、外因性の原因と呼ばれています。

この場合は、正しい方法で歯磨きを行えば、取り除くことが出来ます。

毎日のブラッシングや定期的な歯医者さんでのクリーニングで「着色を除去」してあげましょう。

 

内因性の原因

長年沈着し染み付いてしまった色や歯本来の色は、内因性の原因と呼ばれています。

色を落としたい場合は、歯を白くすることが必要なので、いくら頑張って歯磨きしてもダメ。
ホワイトニングをしてあげることが必要です。

 

チェック:クリーニングとホワイトニング

■ クリーニングとは?
自分の歯についた色や汚れを落とすのがクリーニング
クリーニングは、歯の表面についた色素(ステイン)を取り除き歯を本来の色に戻すことを指します。

■ ホワイトニングとは?
自分の歯の本来の色より白くするのがホワイトニング
本来の自分の歯の色を漂白してトーンアップすること。
ただ、ホワイトニングしてもその効果や持続には個人差があります。少なくとも年に1~2回は色のチェックを行いましょう。

 

歯が汚れる原因って?

歯が汚れる仕組みを理解する

私達の歯は、唾液の膜(ベリクル)でコーティングされています。

ポリフェノールなどが含まれた飲食物を口に入れることで、着色成分がベリクルに付着します(①)。

それらが反応し色素が沈着します(②)。

その着色汚れ(ステイン)が、歯のエナメル質と結合し落ちにくくなってしまいます(③)。

 

原因その1:食べ物

飲食物には、着色成分の含まれたものがたくさんあります。

よく知られているのが、コーヒー、紅茶、ココア、赤ワインなど。

これらの飲食物に含まれているポリフェノールやタンニンが、歯の表面のカルシウムとくっつきやすいため、着色の原因となります。

カレーに含まれるターメリック、ブドウのアントシアニンなど、色の濃いものは色が残りやすいのです。

他にも、納豆や豆乳があります。
これらは、色は薄いですが、これらの食べ物に含まれるイソフラボンもカルシウムとくっつきやすいんですね。

こうやってみると、飲食物には着色の原因となるものがいっぱいあるんです。

 

原因その2:歯のキズや詰め物

研磨剤入の歯磨き粉で強く磨きすぎて歯にキズを付けてしまう。
これも、歯が着色してしまう原因の一つです。

まず、歯の詰め物や被せ物で使用される素材って、意外とキズが付きやすいのです。

研磨剤等を使用して強く磨きすぎると、歯の表面にキズがついてしまい、これが着色の原因となってしまうんですね。

また、詰め物で主流のコンポジットレジンという材料は、保険が適用されお手頃に治療が受けられるとして、メリットが大きいのですが、意外と表面がザラついているので、汚れが付きやすいのです。

 

原因その3:口内環境

歯並びが悪い方やブラッシングが雑な方は要注意です。

また、口内が乾燥していると汚れがつきやすくこびりつきやすいので要注意。

汚れにくい口内環境は、サラサラの唾液が必要なだけ出ていること。
つまり、口内が潤っていて歯垢のない状態なのです。